INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 商社・流通・サービス ]

ウェザーニューズ、北極航路の気象観測強化 独自衛星の運用開始

(2017/7/26 05:00)

  • ロケットに搭載された「WNISAT-1R」(© Soyuz/Fregat and Glavkosmos team)

【千葉】ウェザーニューズは、北極海での気象観測強化に向け、独自に開発した小型の気象・海象観測衛星「WNISAT―1R」の運用を始める。北極海航路の活用が増える中、高精度な海氷情報を提供し、船舶の安全運航を支援する。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げに成功し、現在は搭載機器の状況などを確認中。8月下旬からの本格運用を予定する。

小型衛星は、アクセルスペース(東京都中央区、中村友哉社長、03・4405・5085)と共同開発した。打ち上げ費用を含め、開発に約3億円を投じた。地表分解能200メートルの可視光カメラなど計6台のカメラを搭載。撮影画像から海氷の分布を分析し、航行可否判断や航行ルートの最適化を行う。

台風や火山の噴煙観測にも活用する。移動しながら撮影することで、台風の雲頂高度や噴煙の到達高度を割り出す立体観測を始める。日照条件や天候の影響を受けない観測方法確立に向け、全地球測位システム(GPS)衛星などからの反射波を用いて、地球表面の状態を観測する手法の評価実験も行う。

(2017/7/26 05:00)

商社・流通・サービスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかるSOLIDWORKS演習
-モデリングマスター編-<改訂第2版>

よくわかるSOLIDWORKS演習 -モデリングマスター編-<改訂第2版>

きちんと学ぶレベルアップ機械製図
-ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

きちんと学ぶレベルアップ機械製図 -ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいバルブの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいバルブの本

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント
-IoTで設計開発革新-

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント -IoTで設計開発革新-

人間とロボットの法則

人間とロボットの法則

ディープラーニングがロボットを変える

ディープラーニングがロボットを変える

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門紙・海外ニュースヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン