[ 機械 ]

かいわ、精度2マイクロメートルのステンレス製バイス

(2017/7/31 05:00)

  • 最高2マイクロメートル程度の精度が可能なステンレス製バイス「木組みバイス=写真手前」と従来機

【諏訪】かいわ(山梨県上野原市、山添重幸社長、0554・63・5551)は、金属素材など精密切削加工向けに、最高2マイクロメートル(マイクロは100万分の1)程度の精度が可能なステンレス製バイス「木組みバイス」を開発、発売した。バイスの移動口金側に、法隆寺の天井裏部分の木組み構造を採用。板バネ形状の緩衝作用で、高精度なワーク(加工対象物)保持を実現した。価格は精度で異なり、16万―110万円。初年度に100台の販売を見込む。

精度は、「超々」「超」「精密」「汎用」の4種類。口金幅は20ミリ、30ミリ、50ミリ、80ミリ、120ミリメートルを用意した。移動口金のワーク抑え部分を支えるベース部分にアーチ(梁〈はり〉)形状を採用。板バネ形状による緩衝機能を持たせることで、締め付けのボールネジからのねじれ圧力を適度に分散。また、ワーク形状にあった保持を可能にすると同時に、バネの効きが、加工時の緩みも防止する仕組み。

移動口金には、ワークの浮き上がり防止のため、抑え方向に下向きのスリットをフルで複数ラインを入れた構造。移動口金には、ボールネジからの圧力が特定の部分に偏重作用しないよう、構成部品を複数用いた組み立て式とした。

従来のバイスは保持精度が悪い場合、作業者がたたくなどして調整しており、バイス精度として難点があったという。山添社長は、「木組みバイスは誰でもクランプができ、アルミや樹脂、ガラスなどにも変形や割れなどが生じにくい。切削液も流れやすい構造だ」としている。

(2017/7/31 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる