[ 科学技術・大学 ]

信州大、ナノファイバーで二次電池用セパレーター量産−200度C環境に対応

(2017/7/31 05:00)

  • 開発したセパレーターを手にする信州大の金准教授(左)

【長野】信州大学は、天間特殊製紙(静岡県富士市)などとの産学連携で、ナノファイバーを使ったリチウムイオン二次電池用セパレーターの量産技術を開発した。ポリフッ化ビニリデン(PVDF)樹脂でつくるナノファイバー不織布を、ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂で補強。200度Cの使用環境に耐えられる。実際の生産に使う企業を募る。

開発したセパレーターは、厚さ14マイクロメートル(マイクロは100万分の1)。使用に耐えられる温度はポリエチレンやポリプロピレンのフィルムでつくる既存製品が130度―150度C。開発した製品の耐熱性は世界最高レベルで、コストは従来のセパレーター並みだという。

連携したのは、信州大の国際ファイバー工学研究所と繊維学部、天間特殊製紙、信州大発ベンチャーのナフィアス(長野県上田市)、韓国でナノファイバーの商品企画を手がけるN2Cell。

微細で多孔性の繊維「ナノファイバー」をセパレーターに使うと電解液の保持力やイオンの移動性が向上。二次電池の効率が高まると期待されている。だが従来の同不織布は耐熱性に課題があり、製品化に至っていない。

同研究所の金翼水准教授は2008年に、高分子化合物に高電圧をかけてつくる「エレクトロスピニング法」を使ったナノファイバー生地の量産装置を開発。ジャケット、マスクなどを共同で開発した実績がある。

(2017/7/31 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!熱処理入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!熱処理入門 <基礎知識><段取り><実作業>

成功する医療機器開発ビジネスモデル
ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

おもしろサイエンス 
熱と温度の科学

おもしろサイエンス 熱と温度の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいレーザ加工の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版
先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン