[ ロボット ]

建設現場の3次元モデル、ドローンで作成−三井不とイスラエル社が実証実験

(2017/8/2 05:00)

三井不動産は、イスラエルの飛行ロボット(ドローン)関連ベンチャーのドロノミーとドローンの実証実験を東京都中央区の建設現場で実施した。空撮画像をつなぎ合わせ現場の3次元モデルを作成、性能を確認した。今後は他の現場での活用を提案するほか、工事の進捗(しんちょく)管理や計測、関係者間の情報を共有するツールとしての利用も目指す。

ドローンの機体は中国のDJI製を使った。ドロノミーは完全自律飛行のドローン制御ソフトを持つ。ドローン内蔵カメラの連続撮影で取得したデータから誤差1センチメートルの精度で3Dデータを作る技術も持っており、今回は同技術を使い3次元モデルを作成した。

また、ドロノミーの作成したデータはクラウド上で管理され、多くの企業が関わる工事現場でも円滑に情報共有できるという。

ドロノミーには三井不動産が同社のコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)を通じ出資している。出資額は未公...

(残り:38文字/本文:438文字)

(2017/8/2 05:00)

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン