[ ロボット ]

建設現場の3次元モデル、ドローンで作成−三井不とイスラエル社が実証実験

(2017/8/2 05:00)

三井不動産は、イスラエルの飛行ロボット(ドローン)関連ベンチャーのドロノミーとドローンの実証実験を東京都中央区の建設現場で実施した。空撮画像をつなぎ合わせ現場の3次元モデルを作成、性能を確認した。今後は他の現場での活用を提案するほか、工事の進捗(しんちょく)管理や計測、関係者間の情報を共有するツールとしての利用も目指す。

ドローンの機体は中国のDJI製を使った。ドロノミーは完全自律飛行のドローン制御ソフトを持つ。ドローン内蔵カメラの連続撮影で取得したデータから誤差1センチメートルの精度で3Dデータを作る技術も持っており、今回は同技術を使い3次元モデルを作成した。

また、ドロノミーの作成したデータはクラウド上で管理され、多くの企業が関わる工事現場でも円滑に情報共有できるという。

ドロノミーには三井不動産が同社のコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)を通じ出資している。出資額は未公...

(残り:38文字/本文:438文字)

(2017/8/2 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる