[ 中小・ベンチャー ]

湖北工業、ファイバーレーザー用の多角形状プリフォームを開発

(2017/8/8 05:00)

  • 外形が多角形(左)と内部孔が多角形の石英プリフォーム(湖北工業提供)

【大津】湖北工業(滋賀県長浜市、石井太社長、0749・85・3211)は、レーザーの高出力・高品質化など加工に最適な波長を作り出せる多角形状のファイバーレーザー用石英プリフォームを開発した。独自製法で生産し、今秋に本格販売する。ファイバーレーザーの増幅媒体に活用する特殊光ファイバーの母材として使う。一般的には円筒形状だが、レーザー加工などの品質向上に必要な高出力化や光の伝搬性向上には多角形が有利とされる。

湖北工業は石英粉末に水や分散剤などを混合したスラリーを金型に流し込み、乾燥させた後、焼結するスラリーキャスト法を独自開発した。プリフォームの多角形化とともに、従来の気相軸付け法(VAD法)などに比べて、低コスト化や生産効率および歩留まりの向上を実現した。

ファイバーレーザーは高品質な加工用途で日本でも活用が進みつつあり、従来の固体レーザーや炭酸ガスレーザーからの置き換えも想定される。メンテナンスも容易。用途は産業機器に加え、新たに分析や手術、検査など医療分野へも普及する見通しだ。

同社は石英プリフォームの開発に続き、レーザーの励起に重要な役割を果たす希土類を添加したコア材料の研究にも着手していく。

(2017/8/8 05:00)

中小企業・地域経済1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる