INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 金融・商況 ]

日本郵政株売り出し、引受証券の手数料90億円超に

(2017/9/14 05:00)

  • (ブルームバーグ)

日本郵政株の売り出しで、大和証券グループ本社など引受証券会社が受け取る手数料が90億円超になることが分かった。2013年の日本たばこ産業(JT)の売り出し時より手数料率は高くなる公算。複数の関係者への取材で明らかになった。日本郵政と財務省は1兆3000億円規模の売り出しを計画する。関係者によれば、財務省は野村ホールディングス、大和証G、ゴールドマン・サックスのグローバルコーディネーターを含む引受証券全61社に約93億円が支払われる見込み。

手数料率は個人投資家への販売では0・76%、国内外の機関投資家分は0・56%が販売額に応じて支払われる見通しだ。関係者らは情報が非開示であることを理由に匿名で語った。ブルームバーグの試算によれば、全体の手数料率は約0・7%で、13年のJT株の1兆円規模の売り出しでは約0・5%だった。

(ブルームバーグ)

(2017/9/14 05:00)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水素の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水素の本 第2版

経営者は遊び心を持て
~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

経営者は遊び心を持て ~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 
企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい小売・流通の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい小売・流通の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン