[ 政治・経済 ]

2018概算要求/内閣府、宇宙関連に3550億円

(2017/9/14 05:00)

  • 「H3」イメージ(JAXA提供)

内閣府宇宙開発戦略推進事務局は13日、2018年度の政府全体の予算概算要求のうち宇宙関係分野をとりまとめ、17年度当初予算比22・3%増の3550億円になると示した。17年度当初予算2902億円と16年度補正予算522億円を合わせた3424億円とほぼ同程度となった。

府省別に見ると、文部科学省が新型基幹ロケット「H3」の開発費などに同27・2%増の1926億円を盛り込み全体の半分以上を占めた。

また内閣官房が、外交・防衛などの安全保障や大規模災害対応のための情報収集衛星の開発費などに同21・6%増の753億円、防衛省が宇宙ゴミや不審な衛星などの監視システムの整備費などに同6・7%増の413億円を計上した。

(2017/9/14 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン