[ ロボット ]

北陸電力、配電工事ロボ 来年度導入 電力業界初・外販も検討

(2017/9/15 05:00)

電力業界初 配電工事ロボ開発

【富山】北陸電力は電柱や電線などを取り換える配電工事を効率化させる「配電工事ロボット」を2018年度中に導入する。工事における力仕事をロボットに肩代わりさせ、省人化や作業環境の改善につなげる。現在、スギノマシン(富山県魚津市)、金沢大学と共同開発を進めており、このほど試作機を完成させた。配電工事のロボット化は電力業界で初めての試みで、実用化のあかつきには他社への販売も検討する。

  • 配電ロボットが力仕事を担当、細かい作業は人が行う(試作機による工事実演)

配電工事ロボットの対象は配電工事の中で最も頻度が高く、北陸電力が年間約1万件を手がける「電線離隔器工事」。電線離隔器は電線や電柱の交換時に取り付けるもので、設置には空中で電線を切断したり、接続したりする。通常は高所作業車のカゴに2人の作業員が乗り、重さが約10キログラムに及ぶ棒状の工具を持って実施する。

こ...

(残り:450文字/本文:850文字)

(2017/9/15 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる