[ 中小・ベンチャー ]

パイフォトニクス、ホログラム照明拡大 新社屋を来月開設

(2017/9/21 05:00)

  • 工場の安全対策として需要が急増しているホロライト

【浜松】パイフォトニクス(浜松市東区、池田貴裕社長、053・581・9683)は、主力のホログラム技術を応用した照明「ホロライト」事業の拡大に対応し、本社と生産機能が一体となった新社屋を10月に開設する。低消費電力で視認性が高いホロライトが工場で危険領域などを知らせる安全対策として需要が急増。2017年9月期は前年度比1・5倍の売上高1億2000万円を見込む。

パイフォトニクスは光産業創成大学院大学発のベンチャー。ホロライトは光が広がらずまっすぐ進む平行光を発生できるLED照明装置。直線なら1キロメートル先まで照らすことができ、高い指向特性を持つため、必要な領域だけを照らしたり、線や図柄を表示したりできる。

工場向けはフォークリフトの進行方向を示すガイドライトや、頭上にクレーンがあるなど危険領域を照らすなど安全対策として、鉄鋼メーカーや自動車関連メーカーを中心に採用が広がっている。従来の床にテープを貼る方法などと比べはがれる心配もなく、工場のレイアウト変更にも容易に対応できる。

需要増で浜松市内に分散していた本社事務所と組み立てスペースが手狭になったことから、浜松市東区の新社屋に機能を集約、事業拡大を図る。建物は3階建て延べ床面積1650平方メートル、1階と2階は事務所やショールーム、製品の組み立てに使用し、3階は「ベンチャー企業の交流スペースとしたい」(池田社長)としている。

ホロライトの光は遠くを照らすことも、狙った場所だけを照明することも可能。製造現場以外に建築物の照明や、海や山を照らすなど演出にも応用できる。

センシング技術と組み合わせて、次世代自動車の安全技術への応用も視野に入れる。

(2017/9/21 05:00)

モノづくり基盤・成長企業のニュース一覧

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン