[ 中小・ベンチャー ]

アイペック、道路工事現場にIoT コーン標識の転倒通知 

(2017/10/12 05:00)

【富山】アイペック(富山市、東出悦子社長、076・438・0808)は道路工事などで車線規制に使用するコーン標識が通行車両や風に飛ばされて移動したり転倒したりしたことを、IoT(モノのインターネット)で工事責任者に通知する管理システムを開発する。コーン標識が正常な状態にあるかを監視する手間を省き、人手不足に悩む工事現場の省人化に貢献する。2017年度内の商品化を目指す。

コーン標識に加速度センサーを搭載するとともに、一定間隔でセンサーからの電波を受ける中継器を設置する。センサーが転倒や移動を感知すると中継器に電波を送信。中継器がネット回線を通して工事事務所などの専用端末やパソコンに警報を送る仕組みを構築する。17年度内には商品を完成させ、道路工事関連の企業向けに販売する予定。将来はスマートフォンにも警報を送れるようにする。

工事現場ではコーン標識の移動や転倒で道路が危険な状態にならないよう、コーン標識の監視が義務付けられている。コーン標識の設置距離が長いと、巡回のための労力や時間が多くかかり、人手不足の現場の負担になっている。そのため、同社が顧客から相談を受けたの機に、IoTによる管理システムの事業化に乗り出した。

同社は非破壊検査によるインフラやプラントなどの点検業務を手がけており、17年4月に「IoT開発部」を設置し、点検分野でのIoT活用を積極的に進めている。今回の開発もその一環となる。

(2017/10/12 05:00)

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン