[ エレクトロニクス ]

米ラティスセミコン、身売り否定 COO「独自戦略で成長目指す」

(2017/11/7 05:00)

  • 会見する米ラティスセミコンダクターのホークCOO

米ラティスセミコンダクターのグレン・ホーク最高執行責任者(COO)は6日、自社の売却をめぐる問題について「株式公開企業として独自の戦略で成長を目指す」と説明し、身売りを否定した。同社は2016年、中国政府が支援する米投資ファンドのキャニオン・ブリッジ・キャピタル・パートナーズに買収されることで合意していた。しかし技術流出などを懸念し、米大統領令により9月に手続きが中止されていた。

ホークCOOは同日、都内で開いた戦略説明会で明らかにした。同社は民生機器などに搭載する小型・低消費電力FPGA(プログラミングすることができるLSI)が主力。ホークCOOは今後、機器の内部で情報処理を行う「エッジコンピューティング」向け事業を強化する方針を掲げた。その上で「まずは負債の解消が優先事項。その後、同事業に関連する企業の買収を検討したい」と説明した。

自動車や産業機器などに向け、顔検出やナンバープレート認識、故障検知といったソリューションを提案していく。現状、ラティスのエッジコンピューティング分野の売上高比率は5%未満だが、今後5年間で3割に引き上げる。

(2017/11/7 05:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン