[ ICT ]

【電子版】アップル、イメージセンサー関連の新興企業買収 カメラモジュールを薄型化

(2017/11/12 10:00)

  • iPhone 8/8 Plusや写真のiPhone Xでは背面カメラが出っ張っている(アップル提供)

米アップルがイメージセンサー向けの技術を手がける米インビセッジ・テクノロジーズ(InVisage Technologies、カリフォルニア州)を買収したと、テクノロジーニュースサイトのテッククランチが報じた。同社の量子ドットフィルムを使えば光感度の高いイメージセンサーを実現でき、暗い場所でのクオリティーの高い写真の撮影や、スマートフォンに搭載されるカメラモジュールの薄型化に役立つと見られている。

インビセッジは2006年に創業されたトロント大学発のスタートアップ。同社が開発した「クォンタム・フィルム」は、化合物半導体のナノ粒子である量子ドットを分散させた素材で、より多くの光子を捉えることができる。結果的に画像イメージの情報量が多くなり、色の再現性もより正確になるという。

これまでのCMOS(相補型金属酸化膜半導体)イメージセンサーに使われているシリコンベースの光吸収層に比べ、クォンタム・フィルムだと同じ量の光を吸収するのに10分の1の厚みで済む。さらに、シリコンだと赤い光の吸収が弱いのに対して、ほぼすべての波長帯域の可視光を吸収できるという。

一方、アップルはiPhoneやiPadに搭載する大量のイメージセンサーを外部から調達しているが、今回明らかになった買収により、イメージセンサーやカメラモジュールまで内製化する可能性も出てきた。マイクロプロセッサーの「Aシリーズ」に見られるように、部品メーカーを上回る技術をアップル自らが保有することで、スマートフォンの競合他社との差別化を図る狙いがあるためだ。

カメラ関連で、アップルは15年にイスラエルのリンクス・コンピュテーショナル・イメージングを買収。複数の小型カメラを使ったカメラモジュールアレイによる高精度3Dマッピングの技術を取り込んでいる。

(2017/11/12 10:00)

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン