INDUSTRIAL TRENDS AD

[ ICT ]

【電子版】グーグル、AIがハードウエア拡販の原動力 アマゾン・アップルに対抗

(2017/11/15 14:30)

  • グーグルホーム(ブルームバーグ)

(ブルームバーグ)グーグルはアマゾンとアップルに対抗すべく、スマートフォンの「ピクセル」、カメラ、ラップトップPC、クラウドサービス、デジタルアシスタントへの人工知能(AI)統合を推し進めている。ハードウェアのシェア拡大には時間を要するだろう。しかしAIで先行することで、グーグルクラウドの普及に拍車が掛かるかもしれない。

グーグルが新たに発表したAI統合型のハードウェア製品によって、長期的にグーグルのエコシステムのコントロール力が強まり、ターゲッティング広告の精度向上ならびにトラフィック獲得コスト(TAC)の低減が進むと考えられる。

グーグルの主な収入源は広告(純売上高の85%)だが、アップルを含む提携先へのトラフィック獲得コストが収入を上回る勢いで増加している。ハードウェアのシェアが拡大すればこれらのコストが低減し、データコントロール力が増すことで広告収入や料金の適正化が促されるだろう。

グーグルアシスタントは、スマートスピーカーの「グーグルホーム」、スマートフォンの「ピクセル」、スマートカメラの「クリップ」、ノートPCの「ピクセルブック」など、同社のすべてのハードウェア製品に搭載される見通しだ。アルファベットはグーグルのハードウェア収入を、クラウドサービスやPlayストア他の収入とともにグーグル その他セグメントに計上している。

「グーグルホーム」スピーカーの新製品はアマゾンの「エコー」に対抗するものの、アマゾンの戦略に影響を与えることはないと考えられる。アマゾンが「エコー」を提供する主な理由は、オンラインショッピングの簡素化である。従来、グーグルとアップルのプラットフォームは他のデベロッパーに公開されている。そのため、ホームスピーカーの普及が進めば、アマゾンは最終的にユーザーをショッピングサービスに取り込むことができる。これはiOSやアンドロイド向けアプリを通じた販売と似ている。

アマゾンは物流、配送、プライムサービスに強みがあるため、ユーザーが「エコー」を選好せず他の端末を使ったとしても、顧客離れを懸念する必要はないだろう。米調査会社のeMarketerによれば、米国におけるアマゾン「エコー」ユーザー数は2500万、「グーグルホーム」は850万である。

アマゾンウェブサービス(AWS)およびマイクロソフトのクラウドサービス「Azure(アジュール)」との競争はあるが、グーグルクラウド・プラットフォームはAI統合による差別化を図ることで、アルファベットの売上高増加に貢献するだろう。

米調査会社のガートナーによれば、エンドユーザー向けインターネット・アズ・ア・サービス(IaaS)の世界投資額は2020年には720億ドルに達する見通しだ。これは短期的に競合先も共に成長することを意味する。マーケットリーダーであるアマゾンウェブサービスの2016年の投資額は120億ドルだった。グーグルクラウドのシニアバイスプレジデント、ダイアン・グリーン氏は2022年にはアマゾンウェブサービスを追い越せるだろうと述べた。

グーグルのオープンソース機械学習フレームワーク「TensorFlow」は、デベロッパーによる業界標準としての採用に伴い、同社クラウドへの集客の役割を発揮するだろう。「TensorFlow」は様々なクラウドプロバイダーを扱うが、グーグルの幅広いデータ、力強いAIの取り込み、そして最適化されたハードウェアが差別化のカギとなる。

原題:Google Takes on Apple, Amazon Clout by Using AI to Sell Hardware

(2017/11/15 14:30)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水素の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水素の本 第2版

経営者は遊び心を持て
~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

経営者は遊び心を持て ~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 
企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい小売・流通の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい小売・流通の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン