[ ロボット ]

従量制ドローンサービス ラピュタロボティクス、産業向け来年提供

(2017/11/16 05:00)

  • サービスで使う充電基地とドローン

ラピュタロボティクス(東京都中央区)は15日、クラウド型の産業用飛行ロボット(ドローン)サービスを開発したと発表した。ユーザー企業がすぐに利用できるパッケージとして提供する。インターネットで遠隔から監視・運営、データ活用が可能で、従量制の料金体系により運営コストを抑えられる。実証実験を進め、2018年内に提供を始める。年間100台の利用を目指す。

ラピュタが提供するサービスは、完全自律飛行のドローンシステム「ラピュタCドローン」。ドローンを内蔵する充電基地を設置すれば、完全自律飛行でドローンの撮影や点検などの業務が行える。同社が開発したクラウド型ロボティクスプラットフォーム(基盤)を利用して、撮影画像の加工・分析やドローンの運営、監視もできる。

モーハナラージャ・ガジャン最高経営責任者は「センサーやロボット、別のソフトウエアなどとの連携も容易」と利点を説く。

想定するユーザーは大規模な工場やプラントなどを持つ企業。規模により異なるが毎月60万―70万円で利用できるようにする。サービスの販売は保険や飛行の申請なども含めソフトバンクコマース&サービス(東京都港区)が引き受ける。ラピュタは日本ユニシスやセコムなどとパートナーシップを結び実証実験や用途拡大を進めていく。ラピュタは14年に設立したスイスのチューリヒ大学発のベンチャー企業。ドローンなど多様なロボット技術のネットワーク化を目指す。

(2017/11/16 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン