[ 科学技術・大学 ]

アルツハイマー病、既存3薬混合で効果 京大がiPS活用

(2017/11/22 05:00)

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の近藤孝之特定拠点助教と井上治久教授らは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用い、アルツハイマー病の原因物質とされるたんぱく質「アミロイドβ」(Aβ)を低減できる既存薬の組み合わせを発見した。iPS細胞から迅速に高純度の大脳皮質神経細胞を作製、1258種類の化合物から効果の高い3種類の組み合わせを突き止めた。長期間安全に投与できるアルツハイマー病治療薬の開発につながる可能性がある。

研究グループは、10人以上のアルツハイマー病患者由来のiPS細胞から分化誘導した大脳皮質神経細胞で病態を再現した。これを用い、長期間内服しても安全性の高い既存薬の効果を確認した。その後、細胞毒性が低くAβを低減できる化合物6種類を選び出し、効果を増強する組み合わせを探った。

結果は「ブロモクリプチン」「クロモリン」「トピラマート」という3種類の化合物を組み合わせた場合が最も...

(残り:240文字/本文:640文字)

(2017/11/22 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる