[ ロボット ]

サクランボ自動収穫ロボ、山形大が試作 高齢生産者増に対応

(2017/11/23 05:00)

  • 山形大が開発した、サクランボ自動収穫ロボットの試作機

【山形】山形大学の妻木勇一教授、峯田貴教授らは22日、山形県からの委託事業で、サクランボ自動収穫ロボットを試作したと発表した。高齢化が進む生産者の収穫作業の負担を減らすことが狙い。ハンド部の指は2本あり、サクランボの果梗(軸)をつかみ、軸ごと収穫する。“目”となる小型カメラ2台を搭載し、果実や軸部分を認識する。数年後の実用化を目指す。

試作機には、独自に開発した軽量アームを搭載。アームの先端にサクランボの軸をつかむためのハンド部を設けた。6月から7月にかけ、山形県農業総合研究センター園芸試験場(山形県寒河江市)で計6日間の実地試験を実施しており、画像処理の高速化など、各機能の実証を進めている。妻木教授は「改良を重ねて、企業との連携を進めたい」と話している。

サクランボの生産量が日本一の山形県。山形大の研究グループは、県のサクランボ関連プロジェクトに参画して、2015年度から、サクランボ自動収穫ロボットのための基盤技術開発に取り組んできた。試作機は、29日から東京・有明の東京ビッグサイトで開催される「2017国際ロボット展」に出展する。

(2017/11/23 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン