[ 政治・経済 ]

グレースピリオド延長 特許庁、12カ月へ法改正目指す

(2017/11/28 05:00)

特許庁は発明の内容を論文などで公開した後の特許出願を許容する「グレースピリオド(新規性喪失の例外期間)制度」について、救済措置の対象期間を6カ月から12カ月に延長する方針を固めた。次期通常国会での特許法改正を目指す。第4次産業革命の進展に伴いオープンイノベーションによる共同研究や産学連携が増える中、本人が意図しない形で発明が公開され、新規性を喪失するリスクが高まっているため。

グレースピリオドを延長することで、知的財産制度に精通していない大学研究者や個人発明家、中小企業を適切に救済し、多様な発明を奨励する。

特許法では特許出願前に論文や学会報告、展示会などで公表されている発明は、新規性がないものとして原則権利化できない。グレースピリオド制度は例外を認める措置で、現状は6カ月以内ならば公表内容でも出願できる。特許先願主義の例外救済措置として他国でも導入されている。欧州では救済措置の対象期間が6カ月となっている。

(2017/11/28 05:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン