[ ロボット ]

タマゴ・パスタを傷つけずに搬送 ライフロボが協働ロボ開発

(2017/11/29 05:00)

  • 人と協調作業ができるライフロボティクスの産ロボ「コロ」

ライフロボティクス(東京都江東区、尹祐根(ゆん・うぐん)社長、03・6458・8258)は、人と協調作業できる産業用ロボット「CORO(コロ)」と空圧式収縮ハンドを組み合わせた食品業界向けシステムを開発した。生卵や梅干しなども割ったり傷つけたりせずに搬送できる。機能を改善して幅広い食品工場へ提案していく考え。

システム構築企業と連携して開発した。3―5本の指を持ったハンドが、空気圧を調整して的確に食品をつかむ。ひじきやパスタをつかんで袋に詰める、タマゴを箱詰めするといった搬送作業に向くという。機能を改善しコロの作業オプションとして提案していく。

現状は搬送作業に向く。厳密な位置精度を持たず、作業スピードも遅いことが課題。ユーザーとも連携して解決し、加工や盛り付けなど幅広い工程での採用を目指す。

コロは狭小空間で人と一緒に安全に働くことを目的に開発。肘回転関節をなくしたのが特徴で、アームのシンプルな動作で人の専有面積より狭い範囲での動作を可能にした。

(2017/11/29 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン