[ 建設・住宅・生活 ]

【電子版】リニア入札不正、鹿島より1割低く応札-大林組(更新)

(2017/12/12 19:00)

鹿島に協力依頼、JR東海から情報入手か

 リニア中央新幹線工事の入札不正事件で、名古屋市内の非常口新設工事を受注した大手ゼネコン大林組(東京)が、最後まで入札を競う形となった鹿島(同)より約1割低い価格で応札していたことが12日、関係者への取材で分かった。

 同工事では入札情報が発注側のJR東海社員から漏れた疑いが浮上。東京地検特捜部は不正に得た情報を利用し、大林組が確実に受注を図ろうとしたとみて実態解明を進めている。

 関係者によると、不正が疑われているのは、名古屋市内の公園跡地に深さ約90メートル、直径約40メートルの縦穴を開ける「名城非常口新設工事」。

 この入札でJR東海は、広く参加企業を募る「公募競争見積方式」を採用した。企業から提案を受けた施工方法や見積価格などを総合評価し、優先的に協議する相手を選定。その後工法や価格面を個別に協議し、契約先を決める仕組みだった。

 当初は4~5社が受注意欲を示していたが、提案内容がJR東海の要求水準に見合っていなかったことから徐々に脱落。最後は大林組と鹿島の一騎打ちの形となった。

 大林組はこの間、同社が受注できるよう鹿島に協力を依頼するとともに、JR東海の社員から非公開の入札情報を不正に入手したとされる。

 関係者は、鹿島が最終的に提示した価格は約100億円だったと指摘。これに対し大林組は約1割低い約90億円を提示し、同社と戸田建設(東京)、ジェイアール東海建設(名古屋市)で組む共同企業体(JV)の受注が昨年4月に決まった。

 特捜部は、入札情報を漏らしたJR東海の社員や鹿島の担当社員らから任意で事情を聴き、当時の経緯について解明を進めている。(時事)

(2017/12/12 19:00)

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる