[ 商社・流通・サービス ]

眠気防止!ドライバーに超音波で注意 西日本高速が特殊スピーカー装置

(2017/12/14 05:00)

  • 超音波が車両に当たると音が発生しドライバーの耳に伝わる

西日本高速道路(NEXCO西日本)は、超音波を用いて走行中の車両へ注意喚起する特殊なスピーカー装置を開発した。眠気防止などで活用を図る。道路上に設置し、放射する警告音(変調された超音波)が走行車両に当たると、音が発生して運転者の耳へ届く仕組み。20キロヘルツ以上の高い周波数で、周囲への騒音を抑える。沖縄自動車道で1―3月に予定する対面通行規制での導入を目指す。

スピーカー装置を約10―20メートル間隔で高速道路上に複数台設置し、通過する走行車両へ警告音を発する。音圧は1メートル先で120デシベル。指向性が鋭いスピーカーを採用したため、音の放射範囲が特定方向に限定され、遠方まで伝達できる。

同装置は路肩から約30度の指向角度で設置して、全車線へ効率的に注意喚起する。超音波の特性を生かし、道路上の対象物以外への騒音を低減できる。

今回の技術はNEXCO西日本子会社の西日本高速道路総合サービス沖縄(沖縄県浦添市)が開発した。スピーカー装置は幅600ミリ×奥行き330ミリ×高さ1320ミリメートルのサイズで、重量が26・6キログラム。順次、規制作業中の道路へ導入を計画する。

(2017/12/14 05:00)

建設・エネルギー・生活1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる