[ 科学技術・大学 ]

目の難病「加齢黄斑変性」、血液で早期発見 順天堂大が5年後実用化へ

(2017/12/18 05:00)

順天堂大学医学部の猪俣武範助教は、血清中の16種類の電解質と微量元素の濃度を測定して解析することで、目の難病「加齢黄斑変性」の患者と健常者を80%超の感度で判別することに成功した。健常者を含む約60例から血液を採取して解析した。診断バイオマーカーとして4、5年後の実用化を目指しており、健康診断で実施する血液検査で疾患の早期発見が可能になると期待される。

光触媒脱臭機や半導体関連などを手がけるレナテック(神奈川県伊勢原市)が開発したスクリーニング技術「メタロ・バランス」を利用した。

加齢黄斑変性は、加齢が原因で目の網膜にある「黄斑」という部分に、むくみや出血が起きて視力が低下する疾患。欧米の失明原因第1位で、日本でも高齢者の失明原因4位となっている。

出血の原因となる新生血管の発生を抑制する「抗VEGF薬」を使った治療が行われているものの、進行抑制に留り、抜本的な治療法はない。このため...

(残り:242文字/本文:642文字)

(2017/12/18 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

エンジニアリング・ブランドのすすめ
企業力、商品力を高める技術経営戦略

エンジニアリング・ブランドのすすめ 企業力、商品力を高める技術経営戦略

平成30年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集
<解答と解説>

平成30年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集 <解答と解説>

おもしろサイエンス 
コンタクトレンズと眼鏡の科学

おもしろサイエンス コンタクトレンズと眼鏡の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地質の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地質の本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン