[ 科学技術・大学 ]

対話中に未知の単語を推定するAI 阪大が学習法開発

(2017/12/22 05:00)

  • 暗黙的確認の例(阪大提供)

大阪大学産業科学研究所の駒谷和範教授らは21日、人工知能(AI)が人との自然な対話の流れから、単語を学ぶ手法を開発したと発表した。事前の登録情報にない、未知の単語が対話中に出てきたときに単語のジャンルを推定。対話を続けて予測が正しいかを確認することで、対話の中で知識を獲得する。自ら学習する対話システムの実現につながる。

新手法では既知の単語データに基づき、料理など未知語のジャンルを推定、推定ジャンルを含む文で暗黙的確認を行う。ユーザーの返答に基づき正誤判定を行いながら学習する。

同意や反対表現に加え、確認要求前のユーザー発話も考慮。複数の対話の結果を利用し、誤った知識獲得を防ぐ。対話中に単語の意味が何かを繰り返し質問し対話が途切れることがなくなる。

人名や店名などの固有名詞を覚えられ、時間経過で変わる情報変化にも対応が可能。個々のユーザーに合わせた知識習得が期待でき、家庭用ロボットで活用を見込む。

(2017/12/22 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる