[ オピニオン ]

【電子版】論説室から/IEEEで世界標準へ、組み込み用「トロン」OSの次の一手

(2017/12/28 05:00)

IT、とりわけソフトウエアの世界で日本発の国際標準は決して多くない。そうした中でも、世界的に広がりを見せている技術の一つに「TRON(トロン)」系の組み込み用リアルタイムOS(基本ソフト)が挙げられる。

身の回りのあらゆるものにコンピューターが組み込まれ、それらが有機的に連携するシステムの実現を旗印に、産学協同による「トロンプロジェクト」がスタートしたのが1984年。ソースコードを公開した組み込み用OSとして進化を重ね、ユーザー層を着実に広げながら、今度は米電気電子学会(IEEE)の手で標準規格化されることになった。

ここで重要なのが、トロンOSがただの組み込みソフトではないことだ。「オープン」「リアルタイム」「分散型」という生来のその特性は、IoT(モノのインターネット)を構成するエッジノード(クラウドに接続する端末機器)にすこぶるなじみが良い。

そこに目を付けたのがIEEEの標準部会。トロンの標準策定・普及団体であるトロンフォーラムとの間で8月に契約を結び、トロン系OSのうちワンチップマイコン向けの「μT-Kernel 2.0(マイクロ・ティー・カーネル2.0)」について仕様書の著作権を譲り受けた。これをもとに18年中にも、小規模組み込みシステム向けリアルタイムOSの標準仕様をIEEEが公開する運びという。

IoT時代をにらみ、IEEEとしてエッジノードでのリアルタイムOSの標準化を狙っていたところに、プログラムサイズや実装性、カスタマイズのしやすさ、小容量メモリーでの動作性などでμT-Kernel 2.0に白羽の矢が立った格好だ。

これには、トロンの生みの親である坂村健トロンフォーラム会長(東洋大学情報連携学部学部長・東京大学名誉教授)の期待も大きい。「IEEEは世界的な学会組織で、影響力がひときわ大きい。組み込み用リアルタイムOSでトロンは業界標準の地位を確立しているが、IEEEの標準化で世界への普及がさらに進むだろう」と破顔一笑する。

ここからは半ば想像だが、IEEEでの標準化はこれを第1弾とし、さらに続いていきそうな感触もある。

実はトロンプロジェクトでは、メーカーの枠を超えたエッジノード同士がクラウドコンピューティングを介して相互につながり、最適な住空間やサービス環境を実現する「アグリゲートコンピューティング」という次世代情報処理システムを提唱している。

そのための具体的な手立てとして、オープンなIoTのための標準プラットフォーム環境「IoT-Engine(エンジン)」の標準規格をトロンフォーラムが策定。機器制御用のマイクロコントローラー(マイコン)を作る東芝マイクロエレクトロニクス、ルネサスエレクトロニクス、NXP、STマイクロエレクトロニクスなど6カ国7社の半導体メーカーがプロジェクトに名を連ねる。そこでIoT-Engineに搭載されるOSが、IEEEで標準化されるμT-Kernel 2.0なのだ。

少々入り組んでいるが、IEEEへの今回の権利譲渡は、μT-Kernel 2.0だけの普及を狙ったものではないだろう。それをとば口に、IoT-Engine、さらにその先へと標準化の鎖をつなげていくための布石を打ったようにも見える。組み込みは実に奥が深い。

(藤元正)

(次回は1月2日に掲載します)

(2017/12/28 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

Asprova解体新書
生産スケジューラ使いこなし再入門

Asprova解体新書 生産スケジューラ使いこなし再入門

一から学ぶ工業潤滑剤

一から学ぶ工業潤滑剤

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる