[ 化学・金属・繊維 ]

鋼材の種類を火花で判別 山陽特殊製鋼がシステム開発

(2018/1/9 05:00)

  • 火花および破裂部の例

【姫路】山陽特殊製鋼は東京理科大学と共同で、火花の画像解析によって鋼材の種類を判別するシステムを開発した。鋼材中に含まれる炭素含有量を識別できる。火花試験の精度向上や、製品管理情報と実際の製品が一致しているかが管理できるようになる。同システムを使った機器を製造ラインに試験導入中で、実用化に向けた検証を進める。

鋼材の種類を識別する火花試験では、鋼材に回転する砥石(といし)をあて、飛散する火花の特徴から鋼材に含まれる成分の含有量を識別する。これまでは熟練工が火花の量などで識別してきた。

開発したシステムでは、ハイスピードカメラで撮影した火花の量や形などを画像解析し、鋼材中の炭素含有量をプラスマイナス0・05%の誤差で識別する。現在、実用化に向けたデータ蓄積を継続。熟練工減少や製品のデータ改ざん問題などに対応するシステムになりそうだ。

(2018/1/9 05:00)

素材・ヘルスケア・環境のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる