[ ICT ]

UQコミュニケーションズ、モバイルWi―Fiルーターに混雑時でも安定する技術

(2018/1/8 05:00)

  • 20年の東京五輪に向け快適な通信環境を先行して整備する(イメージ)

UQコミュニケーションズ(東京都港区、野坂章雄社長、03・6311・6009)は2018年度中に、モバイルWi―Fi(ワイファイ)ルーターサービスで混雑時の通信安定化技術を導入する。20年の東京五輪・パラリンピック開催時は、多数の観光客などが集まる場所でもストレスなくデータ通信できる環境が欠かせない。新技術により快適な通信環境を先行して整備し、サービスの顧客満足度の向上にもつなげる。

モバイルWi―Fiルーターサービス「UQワイマックス」に、新技術「Massive MIMO(マッシブマイモ)」を導入する。同技術は基地局に大量のアンテナを搭載し、特定の方向に電波を発射する技術などと組み合わせて利用者一人ひとりに専用の電波を割り当てる。

これにより、通信速度が遅くなりやすい混雑した場所でも快適な通信を実現する。ソフトバンクが16年9月に初めて商用化した。

UQコミュニケーションズはこの新技術を東京都や大阪府、名古屋市の一部の場所で導入する。競技場やイベント会場をカバーする基地局などに採用する予定。

一度に多数の人が集まり通信速度が遅くなりやすい場所に導入することで、快適な通信を確保する。具体的な導入場所や場所数は今後詰める。

五輪開催中は会場やその周辺で多数の観光客が会員制交流サイト(SNS)や動画配信などを利用すると想定される。また、大会関係者も事務連絡などにデータ通信を利用する予定だ。このため、大会組織委員会は大会の成功に向けて携帯通信事業者に対し、混雑した場所でも円滑にデータ通信できる環境整備を求めている。

(2018/1/8 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン