[ 商社・流通・サービス ]

ANA、来年度の航空輸送事業計画−バンコク線増便

(2018/1/19 05:00)

全日本空輸(ANA)グループは18日、羽田―バンコク線の増便や貨物便の北九州路線新設など2018年度の航空輸送事業計画を発表した。

旅客輸送力(座席数×飛行距離)は国際線が前年度比4・7%増、国内線が同0・8%増。機材調達ではエアバス「A321neo」の導入を拡大するほか、「A380」、ボーイング「787―10」を新たに受領し、19年春の運航開始に備える。

羽田空港の深夜早朝時間帯を使い、ビジネス需要が旺盛なバンコク線を、従来の週14往復から週21往復に増便する。国内線では中部―宮古線、福岡―石垣線を通年運航する。

貨物専用便では週5片道運航する関西―中部―沖縄を運休し、関西―北九州―沖縄に振り替える。中部国際空港の貨物便は競争が激化していた。翌朝、中国やアジア各地に到着できる九州唯一の定期貨物専用機を訴求し、半導体や自動車産業の活発な九州地区の需要取り込みを狙う。

(2018/1/19 05:00)

建設・エネルギー・生活1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる