[ 中小・ベンチャー ]

AIで工場内異音検出 バーナードソフト、夜間監視の省力化提案

(2018/1/22 05:00)

【札幌】バーナードソフト(札幌市北区、瓜生淳史社長、011・776・6738)は、人工知能(AI)を活用して音で周囲を監視するシステム「エスカレイド」を6月に投入する。夜間の工場や無人の変電所などの監視向けに提案。最大300カ所を同時に監視できるのが特徴で、AIを用いて監視コストの低減などが図れる。初年度5セットの販売を目指す。AIを学習させるため、実証実験も年5―10件実施する考え。

エスカレイドは工場などの現場に集音装置を設置して使用する。音データをサーバーで収集しAIが通常時と異なる音を検出するとメールなどで管理者に通知。管理者の現場巡回の回数などを減らせ省力化につながる。1カ月分の音データを即時確認できる状態に保存することも可能だ。

瓜生社長は「例えば変電所では動物が侵入し、機器が止まっているのに映像だけでは分からない場合がある」とし、現場の異常を音で検知することに需要があるとみる。

エスカレイドは、かんでんエンジニアリング(大阪市北区)と共同で開発を進めている。価格は30カ所まで監視できるサーバーで100万円程度。集音装置は指向性・無指向性マイク、集音センサーのいずれかと有線LANなど通信経路も選択でき1カ所当たりメーカー保証の有無で10万円程度と2万円程度の2種類を用意。次期バージョンでは人間の可聴域外の音も検知できるシステムに改良する。

(2018/1/22 05:00)

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン