[ 自動車・輸送機 ]

トラックが自動で隊列走行 新東名で初の実証実験 22年実用化へ

(2018/1/24 05:00)

  • 新東名高速道路で行われた、トラックの隊列走行の実験(23日、浜松市)

複数のトラックが加速や減速を自動制御して隊列走行する国内初の実証実験が23日、静岡県内の新東名高速道路で始まった。2022年に後続車に運転手が乗らない隊列走行の実用化を目指す国の事業の一環。国土交通省の佐橋真人国際業務室長は「ドライバー不足を解消してトラック業界の生産性向上につながる」と述べた。

今回の実証実験は、25日まで後続車に運転手が乗車し、新東名の浜松サービスエリアと遠州森町パーキングエリア間の約15キロメートルで実施。周囲に及ぼす影響を確認する。

23日の実験では、通信機能を搭載したトラック3台が全長約100メートルの隊列を組み、車間距離35メートルを維持したまま左側車線を走行した。ハンドル操作はそれぞれの運転手が行うが、アクセルやブレーキを操作するのは先頭車のみ。後続車は、先頭車から送られる情報に基づいて、自動的に加減速する仕組みだ。

(2018/1/24 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI
近未来 人工知能ロードマップ

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI 近未来 人工知能ロードマップ

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術
この一冊で儲かるシステムを提案できる

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術 この一冊で儲かるシステムを提案できる

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる