[ 科学技術・大学 ]

隕石に刻まれた“記憶”、天体衝突時に消去 千葉工大と東工大が解明

(2018/1/26 05:00)

  • 数値計算結果例(千葉工業大学提供)

千葉工業大学の黒沢耕介研究員や東京工業大学地球生命研究所の玄田英典特任准教授らは、隕石(いんせき)に刻まれた天体衝突の“記憶”が別の天体の衝突でリセットされる仕組みについて、数値シミュレーションで解明した。天体衝突時の衝撃波で壊れた岩石による内部摩擦などのエネルギーが加わり、毎秒2キロメートルの低速での衝突にもかかわらず、天体衝突の年代の記録が消去されることが分かった。

初期太陽系での天体の衝突環境が、考えられていたよりも穏やかだった可能性が高いことを示した。

隕石中に含まれる放射性同位体の存在比率からその当時の年代が分かる「放射壊変年代」は、45億―46億年前の初期太陽系で起きた出来事を調べる上で重要とされる。

隕石が示す年代は、天体衝突により隕石の母天体が約700度C以上の高温にさらされた時刻を示す。母天体が700度Cに加熱され、今までの記録がリセットされるには、従来は毎秒6キロ―8キロメートルの高速での衝突が必要とされてきた。

成果は26日、米科学誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズ電子版に掲載される。

(2018/1/26 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン