[ その他 ]

METI Journal×日刊工業新聞/知的財産経営(7)

(2018/2/6 05:00)

ベンチャー企業の知的財産経営が注目されている。経営資源に限りがある小さな企業にとって、最大の武器となるのはやはり知財。どのように攻め、どのように守り抜くのか。セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京都港区)の阪根信一社長に語ってもらった。同社は2014年設立。阪根社長の父親が経営するアイ・エス・ティ(大津市)から独立。洗濯物折り畳み機の開発で一躍注目を浴びている。

【売れてこそ…ニーズから選ぶ】

―カーボン・ゴルフシャフトに一般医療機器、そして世界初の洗濯物折り畳み機「ランドロイド」。あまりに分野がバラバラです。

「世の中にまだないものを開発テーマに選ぶので、どうしても技術を一から開発しなければならない。テーマはあくまでニーズから選ぶ。なまじっか技術力がある企業は『自分の技術を応用すれば、あれができる、これができる』などと、シーズからシーズへと思考が展開しがち。大学ならそれで良いのかもしれないが、企業がそれではいけない。ビジネスだから、売れなければ意味がない。だからこそニーズから選ぶ」

【未来の技術に投資】

―ランドロイドの開発は、ずっと秘密で進めていたそうですね。

「05年から開発を進めていたが、銀行に話したのは14年。そして15年10月開催の家電見本市『シーテックジャパン』で発表した。銀行から何に研究費を使っているのか聞かれても、未来の技術に投資していますとだけ答えていた。懸念したのはまねされてしまうこと。だから徹底して秘密裏に進めていた。すべて知財を守り抜くため。まあ、折り畳み機なんて言ったら、融資を引き上げられてしまっていたかもしれないが」

【知財で戦う姿見て育つ】

―知財への意識はもともと高かった?

「大企業出身の父は、私が中学生の時に研究開発ベンチャーを興している。そこで知財でいろいろな戦いをしてきた姿を見てきたから、知財や機密保持に対する意識は非常に高いと思う。小さい規模の割には、ぬかりなくやっているのでは。ランドロイドも相当の特許を出願してきたが、他社に話を持って行く直前に、もう一度弁護士などを交えて特許を見直した。我々なりに万全にできる範囲のことをやってきた」

*続きはMETIJournalでお読み下さい

『METIJournal』は経済産業省の公式情報サイトです

(2018/2/6 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン