[ 自動車・輸送機 ]

トヨタの18年3月期、当期益過去最高へ 2兆4000億円に上方修正

(2018/2/7 05:00)

トヨタ自動車は6日、2018年3月期連結決算(米国会計基準)の業績予想を上方修正し、営業利益が前期比10・3%増の2兆2000億円になりそうだと発表した。従来予想は2兆円。為替の円安や原価低減、品質関連費用の減少などを積み上げる。米国の法人税制改正に伴う税負担減少などで当期利益も同31・1%増の2兆4000億円に拡大し、過去最高を更新する。

売上高は同5・1%増の29兆円と過去最高を更新する。一方、為替などの影響を除く実力ベースでは営業減益となる。記者会見した小林耕士副社長は「相当な勢いで原価低減や生産性向上に取り組んでいる」と収益力向上に意欲を示した。米国の法人減税をめぐり、繰り延べ税金負債の取り崩しによって通期の当期利益に対し約2900億円の押し上げ効果を計上した。

18年3月期の連結販売台数は895万台と従来計画を据え置く。一方、中国などを含む総販売台数は1030万台と従来予想か...

(残り:277文字/本文:677文字)

(2018/2/7 05:00)

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる