[ エレクトロニクス ]

消費電力1mW級のAIチップ、東芝が開発 アナログ回路で実現

(2018/2/8 05:00)

東芝はIoT(モノのインターネット)に活用できる低消費電力の人工知能(AI)チップを開発した。演算効率が従来の8倍のアナログ回路をチップに搭載。取得データをクラウドに送らず、機器側で解析できる。アナログ回路で効率をあげ、デジタル回路に比べ電力消費量を抑える。産業機器や生産設備へのAI導入を容易にし、生産性向上につながる。

開発したチップは、AI解析に使うニューラルネットワーク演算の大部分を占める積和演算をアナログ回路で行う。独自の発振回路を使って時間と周波数を制御し、従来は個別のデジタル回路で処理していた乗算、加算、記憶を一括で処理する。

演算できるビット数は、異常検知などが可能な水準である8ビットを確保。デジタル回路を使った既存の32ビットの中央演算処理装置(CPU)と同等の性能を確認した。デジタル回路の8ビットのCPUと比べると演算効率は8倍となった。

消費電力は面積比で8分...

(残り:237文字/本文:637文字)

(2018/2/8 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる