[ 機械 ]

牛80頭を完全自動搾乳 オリオン機械、独社製ロータリー型ロボ販売

(2018/2/9 05:00)

オリオン機械(長野県須坂市、太田哲郎社長、026・245・1230)は8日、独GEA製のロータリー型搾乳ロボットの輸入販売を始めると発表した。回転台に最大80頭の牛を載せて完全自動で搾る。300頭以上の牛を扱う大規模酪農家向け。搾乳作業の負荷を削減し、雇用の安定確保と生産性向上に寄与する。

販売する「デーリィプロQ=写真」は、円形のターンテーブル上を一頭ごとに仕切り、それぞれに搾乳ロボットを備えた。出入りする牛の乳頭の位置を3Dカメラで確認し、ロボットアームで器具を装着。テーブルが1回転する12―15分間に洗浄から搾乳、乳頭消毒までを自動で行う。5―6人必要だった従来の搾乳作業がオペレーター1人で済む。

ターンテーブルに載せる頭数で28頭から80頭の11サイズがあり、価格は40頭タイプで約5億円。2018年度は1台、翌年度から年2台の販売を目指す。

同搾乳ロボはGEAが16年に商品化し、欧米4カ国に計14台の出荷実績がある。日本にはオリオン機械との合弁会社が輸入する。300頭規模を扱う大規模牧場は全国で244戸。全戸数の1・5%ながら、頭数で13・4%を占める。酪農の大型化が進む一方、労働力不足で省力化が課題となっている。(長野)

(2018/2/9 05:00)

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいボイラーの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいボイラーの本

シッカリ学べる! 
照明系・投光系光学設計の基礎知識

シッカリ学べる! 照明系・投光系光学設計の基礎知識

事故事例から学ぶ 
材料力学と強度設計の基礎

事故事例から学ぶ 材料力学と強度設計の基礎

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本
双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

<新版>【松原流】戦略マップ/BSCとOKRの連携教本 双方の強みを活かしたビジネスモデル・イノベーション

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第5版
2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第5版 2019年度改正<選択科目と必須科目の論文>対応!

図解よくわかる 
電車線路のはなし 第2版

図解よくわかる 電車線路のはなし 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン