[ 建設・住宅・生活 ]

【電子版】高さ350mの木造超高層建築 住友林業が41年までに実現へ

(2018/2/8 19:30)

  • 地上70階建て木造超高層建築物の模型と住友林業の市川晃社長

住友林業は8日、2041年までに高さ350メートルの木造の超高層建築物を実現する「W350計画」を発表した。まずは20年代前半に高さ70メートルの木造建築物の実現を目指す。計画を進める中で、350メートルのビルを建てるための技術やコスト、法制度などのハードルをすべてクリアするのが目標。環境負荷の低減や森林資源の有効活用につながる木造建築物の良さを広く訴求し、新しい市場を創出していく考えだ。

計画始動に先立ち、現在の技術で高さ350メートルの木造建築物を実現する「デザインモデル」をまとめた。場所を東京都心の丸の内エリアに想定。地上70階建てで建築面積6500平方メートルのビルを、内部が純木造の木鋼ハイブリッド構造で建てた場合、総工費は約6000億円になると試算した。

今後は木材をできる限り利用しながら、十分な耐震・耐火性能を持たせるための研究などを進める。17年に資本提携を結んだ熊谷組も高層建築の技術・ノウハウで協力する。

同日、都内で開いた会見で市川晃社長は「日本が木造建築物で世界をリードしていくための新たなチャレンジだ」と意気込みを述べた。

(2018/2/8 19:30)

建設・住宅・生活のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!5S入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!5S入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地質の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地質の本

おもしろサイエンス 
コンタクトレンズと眼鏡の科学

おもしろサイエンス コンタクトレンズと眼鏡の科学

変わる!農業金融
―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

変わる!農業金融 ―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

70事例から学ぶ自動車の振動・騒音対策法

70事例から学ぶ自動車の振動・騒音対策法

きちんと知りたい! 
飛行機メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 飛行機メカニズムの基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン