[ 地域経済 ]

名古屋市、法人市民税5%減税を打ち切り

(2018/2/12 05:00)

【名古屋】名古屋市は2018年度末で法人市民税5%減税を打ち切る。国が法人実効税率を引き下げており、減税の役割を終えたと判断した。2月定例議会で減税条例の一部改正を提案する。減税に変わって19、20年度に同市などに寄付した法人の法人市民税を減免する制度を設ける。

減税打ち切りで約34億円の増収を見込む。企業寄付促進税制と子ども対策などの重要政策の財源にそれぞれ半分ずつ充てる。寄付促進税制は同市や社会福祉法人、民間非営利団体(NPO)などに5000円以上寄付した場合に、寄付額の69%相当分の法人市民税を減免する。

(2018/2/12 05:00)

地域経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!熱処理入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!熱処理入門 <基礎知識><段取り><実作業>

成功する医療機器開発ビジネスモデル
ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

おもしろサイエンス 
熱と温度の科学

おもしろサイエンス 熱と温度の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいレーザ加工の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版
先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン