[ 科学技術・大学 ]

【電子版】米、宇宙探査最前線復帰へ スペースXのマスク氏「冥王星の先まで物資運べる」

(2018/2/11 08:00)

米南部フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターから打ち上げられた米民間宇宙企業スペースXの大型ロケット「ファルコンヘビー」(AFP=時事)米南部フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターから打ち上げられた米民間宇宙企業スペースXの大型ロケット「ファルコンヘビー」(AFP=時事)

積載能力2倍、ブースター再使用

 【ワシントン時事】米民間宇宙企業スペースXが新たに開発した大型ロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功したことで、米国の宇宙探査競争の最前線復帰に期待が高まっている。トランプ政権が目指す有人の月面探査再開や、将来の有人火星探査に向け、ファルコンヘビーの積載能力と経済性が強力な武器となりそうだ。

  • 「ファルコンヘビー」打ち上げ記者会見で質問に答えるイーロン・マスクCEO(6日、YouTube、ABC Newsより)

 スペースXによると、ファルコンヘビーは、これまで積載能力最大とされてきたロケットの2倍以上の重量の積載物を打ち上げることが可能。同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は6日の打ち上げ後、記者団に「冥王星やその先まで、物を打ち上げることができる」と胸を張った。

 ファルコンヘビーのもう一つの「売り」が経済性だ。既に運用されている「ファルコン9」と同様、切り離した1段目を軟着陸させ再利用できる。使い捨て型のロケットと比べ、1回当たりの打ち上げコストをはるかに低く抑えられるという。

  • 大型ロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げ後に上空で切り離され、米フロリダ州のケネディ宇宙センターに隣接する空軍基地に帰還する2基のブースター(6日、AFP=時事)

 米政府の姿勢も追い風だ。トランプ大統領は昨年12月、航空宇宙局(NASA)に有人月面探査再開を目指すよう指示。「われわれは(宇宙探査の)先導者だったし、これからも先導者であり続ける」と宣言し、将来の有人火星探査も視野に入れる考えを表明した。

 米国はスペースシャトルの退役後、宇宙への物資輸送で主役の座をロシアに譲った。中国も有人宇宙飛行に乗り出している。トランプ氏の言葉には、再び宇宙探査のトップに立ちたいという意欲がにじむが、最大のネックとみられる財政面の問題をクリアする上で、ロケット再利用などを通じたコスト削減は避けられない課題だ。

  • 宇宙に飛び出たテスラのEVとマネキン人形は火星を目指す(スペースX提供)

 ファルコン9が搭載する宇宙船「ドラゴン」は、まだ有人飛行を実施していないなど、越えるべきハードルは多い。それでも、ファルコンヘビーが投入されたのは、火星より外側の太陽周回軌道。

 最初の「荷物」として積み込まれた電気自動車には、本物の宇宙服を着たマネキン人形が据えられ、有人火星探査を強く意識する初フライトとなった。

(2018/2/11 08:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン