[ 地域経済 ]

東京・浅草で「凌雲閣」の一部?−関東大震災で倒壊 

(2018/2/15 05:00)

  • 「凌雲閣」の遺構が出土した現場(台東区浅草2丁目)

明治から大正にかけて、東京・浅草のシンボルとして人気を呼んだ「凌雲閣(りょううんかく)」(通称浅草十二階)の一部と見られる遺構が工事現場から出土し、話題を呼んでいる。住民や観光客が現場をのぞき込み、出土したれんがやコンクリートの土台を撮影している。

場所は東京都台東区浅草2丁目で、数年前まで病院があった。

凌雲閣は1890年(明治23年)に12階建て・高さ52メートルの塔として完成。日本初の電動式エレベーターを備えるなど話題を呼んだ。しかし1923年(大正12年)9月の関東大震災で8階より上部が倒壊。再建は不可能とされ、解体処理されていた。

台東区教育委員会によると、状態のいいれんがを記録用として確保しており、事業者側と「今後の対応を協議している」という。

(2018/2/15 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる