[ 中小・ベンチャー ]

オーディオアンプに高級感 IDK、石材で意匠加工

(2018/3/6 05:00)

  • オーディオアンプに取り付けた石材サイドパネル(IDK提供)

【水戸】IDK(茨城県つくばみらい市、飯塚向平社長、0297・20・7800)は、真壁石材協同組合(同桜川市)と共同で、市販のオーディオアンプの側面に石材を加工して取り付ける事業を始める。電気製品の修理を手がけるIDKにアンプを預けた顧客に対し、見た目の高級感が増しノイズ減少などにつながる石材のサイドパネルを提案する。消費税抜きの標準価格は10万円。初年度30件の取り扱いを目指す。

IDKは顧客対応や営業のほか、石材の組み上げや検査を担い、真壁石材協同組合が石材の加工を行う。茨城県の筑波山などで産出される良質な花こう岩「真壁石」を使用する。市販のアンプにはサイドパネルが付いているものがあり、その多くは木製。側面に木材が付いているアンプに対しては同形状のサイドパネルを石材で製造するほか、木製パネルがないアンプでも個別の要望に応じてパネルの形状などを設計する。つや消しや鏡面仕上げ、文字の刻印などにも対応し、納期は1カ月から1カ月半程度。

サイドパネルに真壁石を使用することで外観の高級感が増す。木製のサイドパネルは経年劣化しやすく割れやすいなどの難点があるが、丈夫な石材に付け替えることで耐久性が高まる。木製サイドパネルは両側で合わせて約1・5キログラムなのに対し、石材の場合は約5キログラム。アンプ本体が重くなり安定感が生まれ、ノイズが減り快適に音楽を聴けるようになる。

IDKは家電やディスプレーのある製品などの修理、組み立てなどを手がける。真壁石材協同組合は茨城県旧真壁町を中心とした石材業者約100社で構成。今回の事業は当面は所属企業の大倉産業(桜川市)が担当し、他の所属企業でも対応できるよう組合内で技術を広めることも視野に入れる。

(2018/3/6 05:00)

中小企業・地域経済1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる