目視によるメーター点検業務が不要に-カメラ利用型メーター自動読み取りサービス【日立システムズ/PR】

(2018/4/23 00:00)

中小製造業向けに拡販

 日立システムズは、工場内の生産設備や分電盤、配管などに設置された各種メーターから画像と数値データを自動で収集する「カメラ利用型メーター自動読み取りサービス」を発売した。市販のネットワークカメラ(IPカメラ)で撮影した画像をPCで解析し、数値データ化することで、従来、作業員が巡回して目視確認していたメーターの点検業務を不要にする。運用費用は1メーター当たり月額500円からと低価格。人手不足を補う手段の1つとして、主に中小製造業向けに拡販する。

市販カメラを活用

  • 社会情報サービス事業部社会システム第三本部技師 西海香理氏

 少子高齢化が進み、人材の有効活用が求められデジタル化が進む中、工場などではデジタル化が遅れている業務は少なくない。作業員が工場内を一定周期で巡回し、目視で各種メーターの数値確認を行う業務はその1つ。移動距離が長い工場や作業効率の悪い場所が多い場合、1回の点検でも多くの時間が費やされる。こうした中、日立システムズは既存設備のメーターから、メーターの画像と数値を自動で取得できるシステムを開発。「カメラ利用型メーター自動読み取りサービス」として販売を始めた。

 メーターの読み取りには、設備を改修してセンサやスマートメーター(通信機能付き電力量計)を設置する方法もあるが、多額のコストがかかる。「機械にメーターが埋め込まれている古い設備でも『機械が壊れないうちは設備を更新したくない』というニーズは多い。そこで、コストのかかるセンサなどは用いず、安価なIPカメラを利用して目的を達成するのがこのシステムの狙い」と社会情報サービス事業部社会システム第三本部技師の西海香理氏は話す。

目視以上の高い認識率

 メーターの前にカメラを設置し、メーターの種類を設定するだけで、あとは自動でメーターを撮影する。システムには、一定周期で画像を取り込むプログラムがあり、撮影した画像は無線LANなどでPCに集められる。その画像を解析して、数値データに変換する仕組みだ。丸形、角形、温度計などのアナログメーターやLED、液晶、電力量計のデジタルメーターなど、8種類のメーター読み取りに使える。

 通常、設備の更新や改修時にはラインを止めなければならないが、同システムは市販カメラを外付けして利用できるため、ラインを止める必要はない。

  • システム概要

 点検監視頻度を増やせることも特長の1つ。プログラムの設定次第では、30分に1回、あるいはそれ以上に細かい頻度で確認できるようになる。これらの機能を上手に活用して時系列でデータを見れば、設備の稼働状況や不具合につながる予兆なども把握しやすくなる。

 ある製造業での実証事例では、それまで作業員が2時間に1回、巡回確認していたものを同システムの導入に合わせて15分に1回に変更。工場内にある36台のメーターを対象に従来の目視による作業と比較したところ、作業効率が改善されただけでなく、1回当たりの認識率は99%を超え、目視以上の高い精度が確認できた。

グラフ表示やクラウド利用も計画

 「メーター数が数十台以上であれば、効果は出やすい」(西海氏)。人手の作業には抜け漏れや誤認が伴うが、自動化すれば、メーターの確認漏れもなくなり、精度が向上するからだ。また数値や特異値の妥当性を確認したいときは、撮影時の画像を確認することもできる。

 最大の魅力は1メーターあたり月額500円から(初期導入費用を除く)という安価な費用で運用できること。現在は画像解析の結果として得られるメーター数値をCSV出力するサービスだが、今後はデータ補正やデータ閲覧機能を強化してグラフ表示などで画面を「見える化」し、設備の傾向などが把握しやすい機能も提供していく。またオンプレミス(自社設置型)サービスに加え、クラウド利用のサービスも開始する計画だ。

1 2

(2018/4/23 00:00)

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる