[ 政治・経済 ]

経産省、「ITパスポート試験」改定 AI・IoT人材育成

(2018/4/16 05:00)

経済産業省は、基礎的なIT知識を測る国家試験「ITパスポート試験」を改定・高度化する。人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)、データ分析など新領域の設問を加え、第4次産業革命に対応できる人材輩出を図る。2019年度からの試験改定を目指し、新試験に対応した習得度の指標「ITリテラシースタンダード(仮称、ITLS)」も18年度中に創設する。企業や教育現場での活用を促し、産業界全体のITリテラシー(活用力)を底上げする。

試験内容を刷新し、先端のIT知識を問う内容にする。例えばAIならば、機械学習やディープラーニング(深層学習)といったさまざまな技術の分類や原理を盛り込み、用途に合わせて最適なAI技術を選ぶなど、ユーザーとしての素養を育む。

AIなど第4次産業革命関連の技術は、進化に伴い用途が広がっているが、ユーザー育成が遅れ普及を阻んでいる面もある。試験改定とITLSの創設は、こうした課題の解消が目的だ。

ITLSは新ITパスポート試験に対応した1級と、初歩レベルの2級を用意する計画。既に運用しているITスキル・スタンダード(ITSS)はIT業界関係者向けの指標で、ITLSは一般社会人向けとして区別する。

ITパスポート試験は09年に始まった国家試験で現在、年7万―8万人程度が受験している。先端の技術動向を取り込むことで実用性を高め、さらなる利用拡大にもつなげる。

(2018/4/16 05:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

機械設計者の基礎技術力向上 
図解力を鍛えるロジカルシンキング
~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

機械設計者の基礎技術力向上 図解力を鍛えるロジカルシンキング ~「空間認識力モチアゲ2 演習編」~

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン