[ 医療・健康・食品 ]

尿からがん判別 日立、20年代実用化目指す

(2018/4/17 05:00)

  • 尿検体を用いたがん検査に関する実証試験のスキーム

日立製作所は16日、尿を使ってがんのリスクを判別する技術を開発したと発表した。尿の回収から分析を行う検査機関までの運搬方法や搬送時の温度管理といった一連の解析の流れを6カ月にわたって実証する。2020年代初めにも、尿を用いたがん検査の実用化を目指す。

実証ではがん患者と健常者の約250の尿検体を対象に実施。尿と一緒に体の外に排出される約2000種の代謝物から指標となり得る数種を効率的に抽出する。その代謝物の増減により、小児がんや大腸がん、胆道がんのリスクを判別する。

採取した尿は日立の総合解析センタ(東京都国分寺市)から分析を行うシミックファーマサイエンスの西脇ラボ(兵庫県西脇市)に運搬。その際の温度管理など各種データをITで管理する。解析データの評価については名古屋大学医学部附属病院の協力を得て実施する。「(実用化には)検査コストや検体の扱いやすさがとても重要だ」(日立研究開発グループ)としている。

(2018/4/17 05:00)

医療・健康・食品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2017/2018/2019対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2017/2018/2019対応-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

シッカリ学べる! 
機械設計者のための振動・騒音対策技術

シッカリ学べる! 機械設計者のための振動・騒音対策技術

シリーズ ITソリューション企業総覧 
人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

シリーズ ITソリューション企業総覧 人工知能(AI)/IoT/ロボットを活用した産業別ICT導入事例がサクッとわかる本

関西で長く愛されている優良企業180選
継承と革新のひけつ

関西で長く愛されている優良企業180選 継承と革新のひけつ

Joint Media

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン