[ 機械 ]

工作機械7社の4月受注、29%増の441億円 好調さ目立つ

(2018/5/15 05:00)

日刊工業新聞社が14日まとめた工作機械主要7社の4月の受注実績は、前年同月比29・5%増の441億9300万円だった。牧野フライス製作所、オークマが年度末だった前月に次ぐ過去2番目の高実績になるなど各社の好調さが目立った。低迷が続いた大型工作機械が底を脱したとみられ、東芝機械は国内外そろっての増加が4カ月連続に伸びた。

国内、中国、米国、欧州のいずれもが盛況という2017年度の傾向が続いた。自動車や半導体、航空機をはじめ、幅広い産業分野で設備投資が続いている。

牧野フライスは国内の半導体製造装置とロボット向けがけん引し、外需は中国を中心に伸ばした。オークマは「国内の複数台ものや門型加工機が全体を押し上げた」(営業部)と金額の大きい案件を取り込んだ。外需は過去最高を記録。米国の自動車と航空機向けが活況だった。

車関連は大口案件を米国、アジアで獲得した。ジェイテクトは「大きな案件が米中で...

(残り:230文字/本文:630文字)

(2018/5/15 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

機械・ロボット・航空機1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン