[ 環境・エネルギー ]

【電子版】独ハンブルク市、中心市街地の一部 ディーゼル商用車乗り入れ禁止

(2018/5/24 15:00)

  • EUではEVを含む超低炭素車の導入が加速している(13年11月、ドイツ・ハンブルク=ブルームバーグ)

【ベルリン・ロイターES=時事】ドイツ第2の都市、ハンブルク市(州と同格)は23日、31日から最新の排出基準「ユーロ6」を満たさないディーゼル車が中心市街地の一部に乗り入れることを禁止すると発表した。他の都市も追随する可能性があり、ディーゼル車の改修を検討している自動車各社への圧力をさらに高めそうだ。

 ハンブルク市の規制では、シュトレーゼマンシュトラーセの約1600メートルの区間で、3.5トン以上のディーゼル商用車の乗り入れが禁じられる。マックス・ブラウアー・アレーの区間約580メートルでは、すべてのディーゼル車が禁止となる。両通りとも、中心市街地のアルトナにある。

 一方、住民やゴミ収集車、納入業者、タクシーなどは規制から除外される。

 市は規制について、大気汚染の水準を欧州連合(EU)の基準に抑制するための措置と強調。ただ、より広範な市街地への規制適用は、時間をかけて段階的に進めるとした。

 当局のデータによると、ハンブルク市を走るディーゼル車33万台のうち、2014年に導入されたユーロ6に適合しているのはわずか約11万6000台にとどまった。

 都市中心部へのディーゼル車乗り入れ禁止は、パリやマドリード、メキシコ市、アテネが25年までに実施することを計画している。またコペンハーゲン市長は早ければ来年にも、新型ディーゼル車でも中心市街地に乗り入れることを禁止したい考えを示した。

(2018/5/24 15:00)

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン