[ ICT ]

【電子版】アマゾン「エコー」、夫婦の会話を第三者に送る 知らぬ間に起動

(2018/5/25 12:00)

  • アマゾンによると、夫婦の日常会話からエコーが起動、その後の私的会話の言葉から録音・メッセージ送信という偶然が重なったという。見方を変えればアマゾン「アレクサ」の優秀さを裏付ける結果となった(17年9月27日、ワシントン=ブルームバーグ)

 米アマゾン・ドット・コムの音声アシスタント「アレクサ」を搭載するスマートスピーカー「エコー」が米オレゴン州ポートランドの夫婦の会話を誤って録音し、知らぬ間に知人に送ってしまう出来事があった。

 KIRO7の報道によると、この夫婦は会話の内容が送られてきた知人から電話を最近受け、「アレクサ搭載機器を今すぐ切って。ハッキングされている」と伝えられた。夫婦は室温や照明、セキュリティー管理などで音声起動型のアマゾン機器を複数使用していたという。

 アマゾンは23日、電子メールで配付した資料で今回の出来事に至った経緯を説明。それによると、夫婦の会話から通常録音が始まるきっかけになる「アレクサ」と聞こえる単語を聞き取りエコーが起動。その後、会話から「メッセージを送って」と聞こえた時点で、エコーが「誰に?」と尋ねた。夫婦はその後も話し続け、エコーは会話の一部を解釈して連絡先リストから名前を特定。その連絡先にメッセージを送りたいのかと音声で確認すると「そうだ」と聞き取ったという。

 アマゾンは、「こうした出来事が起きる公算は小さいが、今回のケースのような可能性をさらに低くする選択肢を検討している」と説明した。

 テクノロジーへの法適用を研究するワシントン大学のライアン・カロ准教授(法律学)は、偶然、あるいは起動させる言葉を発していないにもかかわらずエコーが作動してしまう程度なら人々は大目に見る姿勢にあったが、今回は私的な会話が録音され、第三者に送られたという意味でより憂慮すべき事態だと述べた。(ブルームバーグ)

(2018/5/25 12:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!熱処理入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!熱処理入門 <基礎知識><段取り><実作業>

成功する医療機器開発ビジネスモデル
ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

成功する医療機器開発ビジネスモデル ゼロからの段階的参入でブレイクスルーを起こす

おもしろサイエンス 
熱と温度の科学

おもしろサイエンス 熱と温度の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいレーザ加工の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいレーザ加工の本

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2019年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版
先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

技術士第二次「筆記試験」「口頭試験」合格必携アドバイス 第2版 先輩合格者が合格するための秘訣を親身に解説!<2019年度改正対応>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン