[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】FCA、「フィアット」は米中撤退も 「ジープ」と高級車に賭ける

(2018/5/31 10:30)

  • マルキオンネCEOは北米と中国でフィアットブランドの撤退も検討、特に米国では「クライスラー」ブランドに一本化する可能性もあるという(ブルームバーグ)

 フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)は、引退前の最後の大仕事としてスポーツタイプ多目的車(SUV)「ジープ」と高級車「マセラティ」に社の将来を賭ける一方、「フィアット」ブランドを縮小させる計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 CEOによる正式発表前だとして匿名を条件に語った同関係者らによれば、この計画の下、今後数年のうちに北米と中国でのフィアットブランドの販売を終了させることを検討している。米国での販売は大半が「クライスラー」ブランドになるという。マルキオンネCEOは6月1日に事業戦略について説明する。

 マルキオンネCEO(65)は2019年の引退を予定しており、1日の戦略発表は最後の主要イベントになると市場では注目されている。CEOの後任は19年4月の株主総会で指名される見通し。

 FCAはジープとピックアップトラック「ラム」を世界展開させる計画。また関係者らによれば、FCAは財務報告において「アルファロメオ」とマセラティを一つの部門に統合させることも検討している。

 FCAでは今後ジープの重要性が一段と増し、マルキオンネCEOは2022年までに販売台数を倍増させる目標を明らかにする見通し。昨年の販売台数は約140万台だった。CEOはこれまで既に、ジープへの注力により5年以内に利益を倍増させられるとの見通しを示している。(ブルームバーグ)

(2018/5/31 10:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる