[ 科学技術・大学 ]

インフル検出感度1万倍 神奈川産技総研が開発 早期診断に道

(2018/6/5 05:00)

神奈川県立産業技術総合研究所の大崎寿久サブリーダーらは、インフルエンザウイルスを従来手法よりも1000倍―1万倍高い感度で検出するシステムを開発した。検出キットでウイルスのたんぱく質のみを捉え、特殊な光を当てて検出する。体内のウイルス量が少なくても検出できるため、発症後から早期の診断が可能になり、感染拡大や重症化予防につながる。

現在広く利用されるインフルエンザ検査は、抗体と抗原が特異的に結合す...

(残り:448文字/本文:648文字)

(2018/6/5 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録 することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン