[ オピニオン ]

【電子版】論説室から/外国人留学生を魅了する大学づくりを

(2018/6/28 05:00)

■シンガポールにできて、なぜ日本にできない

 深刻な人材不足に直面し、外国人材を本格的に受け入れ、活用しようとする機運が高まってきている。日本企業にとって、外国人材を積極的に活用し、ダイバーシティー経営の体制をつくり、グローバルな競争力を強めないことには展望は開けない。その際の一つの方法は、優秀な外国人留学生の誘致だ。留学生は雇用面だけでなく、グローバルな人的ネットワークづくり、日本の「民間アンバサダー(大使)」役などとして期待できる。

 厚生労働省の『「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(2017年10月末現在)』によると、外国人労働者数は前年同期比18%増の127万8670人と過去最高を記録している。うち、留学生は約26万人。

 経済産業省と文部科学省が2007-12年度に実施した「アジア人財資金構想」事業で始まった留学生支援ネットワークには現在、約100の大学が加盟している。同ネットワークは、留学生に就職試験対策の伝授、企業の雇用情報提供、ビジネス日本語学習に向けた動画配信などを実施している。同ネットワークによると、そうしたサービスを利用する留学生は毎年、3000人程度に上り、卒業ないし修学終了後の進路希望として、約60%の学生が日本での就職を希望する。しかし、就職できるのは40%程度という。日本の学生同様、就職先は首都圏・大都市圏に集中。中堅・中小企業への就職が70%程度のようだ。

 一方、アジアの国々では今、「教育ハブ(拠点)」づくり競争が展開されている。留学生の数では、中国が48万9200人(17年)と一番多いが、注目すべきはシンガポールの留学生対策だ。

 シンガポールの人口は90年、304万人だった。それが、00年に400万人を超え、10年には500万人を超えた。人口増の主因は海外からの人材の積極的な受け入れだ。97年のアジア通貨危機、08年のリーマン・ショックの際でも、同国政府はその政策を放棄せず、外国の大学キャンパス誘致、シンガポール国立大学(NUS)、南洋理工大学(NTU)の強化拡充に努めた。英タイムズ紙の世界大学ランキング(18年版)で、NUSはカナダのトロント大学と並び22位。3年連続でアジアの大学トップの座にあり、南洋理工大は52位へと急上昇した。筆者が90年代央に南洋理工大を訪れた時には、小規模な地味な大学の感じだったが、今では北海道大学を上回る広い敷地に最新鋭の教育・研究設備などが整備され、世界で最も急速に実力を付けた大学とされる。現在のNTUの学生数は3万3000人、うち31%は外国人留学生だ。ちなみに同ランキングのアジアの上位は、北京大学27位、清華大学30位、香港大学40位、香港科技大学44位、東京大学46位、香港中文大学58位、京都大学とソウル国立大学がともに74位など。

 NUSの17年の学生数は2万6837人で、うち外国人留学生は17・3%の4637人。外国人留学生比率が23%を超えていた13年頃から、政府はその比率抑制に努めてきているとはいえ、5・8人に1人は外国人留学生だ。その留学生の約80%は卒業時、永住権取得を申請するという。優秀な外国人留学生を集めると、教育ハブとしての輝きを増す。創造性に欠けるとされるシンガポール人の弱さを補う人材も得られる。

 日本政府も15日に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2018」、いわゆる骨太方針で、外国人材の受け入れ強化策を示している。留学生は言葉、文化をそれなりに理解しているという面で、日本企業のグローバル化の「触媒役」になり得る存在。留学生を活用した早期の人材手当と同時に、優秀な外国人学生を魅了するわが国大学の研究・教育体制を磨き上げ、日本を教育ハブ化することも中長期では有力な少子・高齢化策となるだろう。(中村悦二)

(このコラムは執筆者個人の見解であり、日刊工業新聞社の主張と異なる場合があります)

(2018/6/28 05:00)

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる