[ ICT ]

【電子版】フェイスブックは宇宙に行くのか? 米モルガンS、宇宙銘柄20社リストに選定

(2018/8/25 07:30)

  • モルガン・スタンレーの「宇宙株」注目銘柄20社リストには、フェイスブックのほか、ハイテク・IT・航空分野の超有名企業が名を連ねている(12年2月、カリフォルニア州メンローパーク=ブルームバーグ)

 雲のはるか上で何が起きているかを知らないなら、恐らく知るべきだろう。投資家は短期で利益を得られる業種を好むが、宇宙はモルガン・スタンレーが「大きな発展」を予想する分野だ。

 最近のいくつかの出来事は、世界の宇宙経済への投資がプライベートエクイティー(PE、未公開株)中心から公開企業中心に移行する可能性を示していると、アダム・ジョナス氏らモルガン・スタンレーのアナリストが23日のリポートで指摘した。

 最近の進展としては「宇宙軍」が米軍の6番目の軍になる可能性や米航空宇宙局(NASA)が国際宇宙ステーション(ISS)への有人飛行で米ロケットの乗組員を発表していることなどがある。

 ジョナス氏によると、宇宙経済の規模は3500億ドル(約39兆円)強だが、2040年までに1兆1000億ドルに膨らむ余地がある。こうした動きは、国家安全保障に加え、より具体的には無線データ利用で上振れする「ハイテク分野の通信」がけん引役になる見通し。

 ジョナス氏は世界の宇宙業界の成長に関連する可能性のある企業として、以下の20社を挙げている。(ブルームバーグ)

アドビシステムズ、アルファベット、アナログ・デバイセズ、アマゾン・ドット・コム、アップル、ボーイング、フェイスブック、ゴーダディ、ハネウェル・インターナショナル、インマルサット、インテュイット、ロッキード・マーチン、マイクロソフト、ノースロップ・グラマン、クアルコム、SES、ショッピファイ、ソフトバンク、ユナイテッド・テクノロジーズ、XLグループ

(2018/8/25 07:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる