[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ライオン航空機遺族、ボーイングを提訴 飛行制御システムが原因と主張

(2018/11/17 07:00)

  • ボーイング737MAX8(16年1月、ワシントン州シアトルのボーイング・フィールド=ブルームバーグ)

 インドネシア・スカルノハッタ空港から離陸後に、ジャワ島北部沖に墜落したライオンエア610便の事故で、米ボーイングが米国で訴訟を起こされたことが明らかになった。

 ボーイングの本社所在地のシカゴにある州裁判所に14日提訴したのは、搭乗していた医師リオ・ナンダ・プラタマ氏の父、H・イリアント氏。イリアント氏はライオンエアが運航していたボーイング「737MAX8」の新しい飛行制御システムが墜落原因だと主張し、損害賠償を請求した。請求額は不明。この事故では乗員・乗客189人全員が死亡した。

 調査官らは操縦士が複数の誤動作に対応しようとする中で、誤ったセンサーがコンピューター制御の安全システムを作動させ同機を急降下させたと考えている。ボーイングと米航空規制当局は737MAXのソフトウエア修正を検討中で、3つの米操縦士組合は安全システムに関してボーイングが提供した情報が不十分だったとの懸念を表明している。

 ボーイングの広報担当チャズ・ビッカース氏は訴訟や事故調査についてコメントを控えた上で、「今回の事故の全容解明にあらゆる手段を講じるとともに、調査チームや関係当局と緊密に連携している」との従来の説明を繰り返した。さらに、「当社は737MAXの安全性を確信している」と付け加えた。(ブルームバーグ)

(2018/11/17 07:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる