[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ライオン航空機遺族、ボーイングを提訴 飛行制御システムが原因と主張

(2018/11/17 07:00)

  • ボーイング737MAX8(16年1月、ワシントン州シアトルのボーイング・フィールド=ブルームバーグ)

 インドネシア・スカルノハッタ空港から離陸後に、ジャワ島北部沖に墜落したライオンエア610便の事故で、米ボーイングが米国で訴訟を起こされたことが明らかになった。

 ボーイングの本社所在地のシカゴにある州裁判所に14日提訴したのは、搭乗していた医師リオ・ナンダ・プラタマ氏の父、H・イリアント氏。イリアント氏はライオンエアが運航していたボーイング「737MAX8」の新しい飛行制御システムが墜落原因だと主張し、損害賠償を請求した。請求額は不明。この事故では乗員・乗客189人全員が死亡した。

 調査官らは操縦士が複数の誤動作に対応しようとする中で、誤ったセンサーがコンピューター制御の安全システムを作動させ同機を急降下させたと考えている。ボーイングと米航空規制当局は737MAXのソフトウエア修正を検討中で、3つの米操縦士組合は安全システムに関してボーイングが提供した情報が不十分だったとの懸念を表明している。

 ボーイングの広報担当チャズ・ビッカース氏は訴訟や事故調査についてコメントを控えた上で、「今回の事故の全容解明にあらゆる手段を講じるとともに、調査チームや関係当局と緊密に連携している」との従来の説明を繰り返した。さらに、「当社は737MAXの安全性を確信している」と付け加えた。(ブルームバーグ)

(2018/11/17 07:00)

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる