[ 科学技術・大学 ]

【電子版】「キログラム」の定義、きょう変更審議へ 約130年ぶり

(2018/11/16 21:30)

産総研が公開した日本国キログラム原器(12日、茨城県つくば市=時事)産総研が公開した日本国キログラム原器(12日、茨城県つくば市=時事)(クリックで拡大)

産総研が「日本国キログラム原器」公開

 重さの単位「キログラム」の定義が約130年ぶりに見直されるのを前に、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は12日、日本国内の「1キログラム」の基準となっている合金製の分銅「日本国キログラム原器」を公開した。

 1キログラムは18世紀末、水1リットルの質量と定義された後、1889年に白金イリジウム合金製の分銅「国際キログラム原器」が基準とされた。日本の原器は同年、フランスで作られた複製の一つで、国が厳重に管理してきた。

 技術の進歩で、わずかな汚れの付着も誤差として無視できなくなっている。こうした中、16日の国際度量衡総会で、光が持つエネルギーの最小単位「プランク定数」を使った新定義への移行が決まる見通しとなった。

 移行実施は来年5月20日の予定。現行の原器は基準としての役割は終えるが、当面は精度の高い分銅として使われる。

 産総研で公開された原器は、高さ直径ともに39ミリメートルの円筒形で、湿度、温度が一定に保たれた地下の保管室で管理。約130年前から使われている鉄製金庫内に収められていた。

 産総研は、プランク定数の精密な計測に成功し新定義の策定にも貢献した。原器を管理する倉本直樹・質量標準研究グループ長は「長年原器を保持してきただけでなく、新たな基準にも貢献できたのは誇りに思う」と話した。(時事)

(権利関係によりYouTubeサイトでの閲覧となります)

(2018/11/16 21:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる